ページタイトル

さつき うづき みなづき 若竹 はづき にこばる 日記 住人紹介 リンク こよみ屋+ お問合せ English トップ

ゲストハウスこよみ屋は映画『シェアハウス』を応援しています

うづきハウス
みなづきハウス
若竹ハウス
にこばるハウス
はづきハウス
お問い合わせ
問い合わせ
入居の流れ
こよみ屋のゲストハウス
空き部屋
イベント
こよみ屋プラス
映画 『シェアハウス』特集
待望の映画『シェアハウス』公開決定です
2011年11月、待ちに待った“シェアハウス”をテーマにした映画が公開されます。その名も『シェアハウス』。豪華キャスト陣で贈るこの作品をゲストハウスこよみ屋は全力で応援します。「シェアハウスとはどういうものなのか、分からない」という方や、現在シェアハウスに住んでいる方、住みたいと思っている方はぜひご鑑賞ください。
11月12日より、全国順次ロードショー!
吉行和子 佐伯めぐみ 浅田美代子 木野花
牧田哲也(D-BOYS) 三上真史(D-BOYS) 高橋愛 モーニング娘。(譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音) 劇団ひとり 大方斐紗子 坂上忍 大杉漣 榎木孝明
監督:喜多一郎 脚本:里島美和、喜多一郎 音楽:高山英丈 撮影:高間賢治 原案協力:藤原恵子 プロデューサー:坂上也寸志、丸茂日穂 
主題歌:「青にのせて」ALMA KAMINIITO(アップフロントワークス)
2011年/日本/DCP/ビスタ/ステレオ/上映時間:104分
c2011「シェアハウス」製作委員会
ストーリー紹介〜「4人の女性が選んだのは“シェアハウス”という未来」
映画写真
夫と娘夫婦に先立たれ、一人暮らしをする有希子(吉行和子)、売れないケータイ小説家の麗子(浅田美代子)郵便局勤めでバツ1の花恵(木野花)は、海辺にあるカフェ「プラージュスッド」の常連で湘南に住む友人同士。
ある日、いつものカフェで花恵から共同で家を持ち、仲間同士一緒に暮らすことを提案される。興味もなく帰ろうとしていたところで、入水し溺れかけている“まひる”(佐伯めぐみ)を見つけて、居合わせたサーファーの優人(牧田哲也)により助けられる。放心したまひるを有希子が引き取り、しばらく面倒をみることに。
そんな中、高齢のの友人かもめが人知れず亡くなっていたことと、よやく正気を取り戻したまひるの後押しもきっかけとなり、有希子の気持ちに変化が生じるようになる。
かくして女4人の「シェアハウス」が動き出す。
東京のデザイン会社の後輩と恋人に裏切られ、傷ついたまひるは徐々に元気を取り戻し、そんなまひるを本当の娘のように愛する有希子。
これまでの環境を変え、恋に小説に燃える麗子と、シェアハウスをきっかけに住宅関係の仕事に就こうと一念発起する花恵。
世代も性格も全く違う4人の女性が、「個」を尊重しながらも気張らない生き方を描いた物語。
配給会社の方からコメントをいただきました!
11月12日(土)公開の映画『シェアハウス』。湘南を舞台に、世代の違う4人の 女性たちが共同生活を通じて自分たちを見直し、再生していく物語です。 主演に吉行和子、佐伯めぐみ、浅田美代子、木野花。共演に牧田哲也(D-BOYS)、 高橋愛、三上真史(D-BOYS)、モーニング娘。(譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音)、劇団ひとり、大杉漣 他。 公開記念舞台挨拶も実施予定!詳細は公式HP<http://m-sharehouse.com> をチェック!!
『ゲストハウスこよみ屋』より
映画写真
「私がシェアハウスをオープンしたころはまだ運営業者は10社も有りませんでしたが、昨今では物件も急増し、首都圏のみならず地方にも開業の勢いは波及しています。その形態も様々で、お客様にとって選択肢が増えたことは喜ばしいことであり、また運営業者にとっても切磋琢磨しなくてはならず知恵の絞りどころではないでしょうか。
ただし、シェアハウスがどういう形になったとしても、忘れてはいけない最も大切な要因は「住人同士の交流」だとこよみ屋は考えています。
「ハウス内で他の人と接する事を拒否する住人が増えている」という話を最近よく耳にするのですが、これは住んでいる方にとっても勿体ないことであり、また運営者の努力が足りない面もあると思います。
この映画は「他の人と一緒に生活することに必要を感じて集まった」、言わば「シェアハウスの原点」のような物語です。
「決して気張らずに、それでもどこかで繋がっている」
これがどんなに素晴らしいことか、こよみ屋が求める理想のシェアハウスの在り方、それを提示してくれる作品です。」
映画写真